庭木の伐採や草取りの時間が無い人へ【この管理方法でOK】

雑草が与える悪影響!庭のメンテナンスで健康になろう

庭の手入れをする時間が無い人におススメの庭の管理方法

何かと忙しく、庭の手入れが後回しになってしまうという人も少なくありません。そんな人が押さえるべき除草剤のポイントとは何でしょうか。

庭の植木の種類にこだわる

常緑樹を植える
庭に植栽する植木の種類によっても、手入れの手間は異なります。時間が無く、庭の手入れができない、時間が無いという人は、落葉樹ではなく常緑樹を植えてみてはいかがでしょうか。常緑樹であれば、葉っぱが落ちる心配も無いので安心です。例えば、ナンテンなどは実も付けるので楽しみもあり、お正月飾りにも使えるのでよいかもしれません。
手間のかからない庭木を植える
剪定や伐採などの手間が省ける庭木もおすすめです。剪定や伐採を行わない木はメンテナンス費用もかからず、勝手にキレイな形を保ってくれるので、その木が生み出す形も楽しみのひとつになります。例えば、コニファーなどは刈り込んで成形を楽しんでも、そのままの形を楽しんでも良いでしょう。冬にはクリスマスツリーにして楽しむ方法もあるのでおすすめです。

草取りや庭木の伐採に関するQ&A

草取りや庭木の伐採について、分からないことが多いという人も少なくありません。よくある質問をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

依頼する前に知っておきたいこと

草取りした草はどのように処分すればいいですか?
一般廃棄物に分類されることがほとんどです。ただし、庭師や業者に草取りを依頼した場合は、依頼された庭師や業者が持ち帰ります。依頼主は処分方法を気にする必要は無いですが、庭師や業者側で産業廃棄物とみなすこともあるかもしれません。自分で草取りを行った場合、少量であれば乾燥させてゴミに出せますが、詳細は地域別に役所が運営しているHPなどで確認しましょう。
作業を依頼するにあたり最適な時期はありますか?
草むしりは、基本的には気になった時にいつでも依頼することができますが、晩秋から冬の時期であれば、雑草の再生力も弱まるので、特に効果が長続きします。冬に依頼して一気に庭の状態をキレイにして、雑草防止シートなどを敷いてしまう方法が効果的です。


TOPボタン
庭の管理法|体に悪影響を及ぼす前に【効果的な庭木の伐採・草取りの方法】