草取りや庭木の伐採がラクになる除草・防草対策の種類

雑草が与える悪影響!庭のメンテナンスで健康になろう

除草対策を行ない雑草とは無縁の住宅へ

できれば面倒な草取りなどをせず、雑草とは無縁の庭にしたいものです。そのためには除草対策が効果的ですが、やり方は実にさまざまです。具体的な除草対策の例をいくつか挙げ、それぞれの対策方法についてご説明します。

防草対策の種類

水に固まる土の使用
水をかけただけで固まる、簡易的なコンクリートのような土があります。重量があって大変なので、業者に依頼する方が手軽でしょう。水に固まる土はホームセンターで手に入れることができます。一度施工すると、長期間にわたって高い除草効果があるのがメリットです。
雑草防止シート
防草シートや除草シートと呼ばれる、日光を遮断するシートがあります。草の根っこや種などをきちんと取り払い、その上からシートをかぶせます。シートを敷いただけでは美観を損ねるので、その上から砂利を撒くなどの工夫をするのがおすすめです。
お湯やゆで汁
コスト的にも一番かからず手軽にできるのが、お湯や野菜などのゆで汁を除草剤代わりに散布するという方法です。この方法は手軽ですが、球根などは根絶できないことや、有益な土壌細菌や微生物も同時に殺してしまうというデメリットもあります。

除草剤が人体へ与える影響について考える

草刈り道具

草取りや庭木の伐採が面倒だからと、除草剤を利用している人はたくさんいます。除草剤にはさまざまな種類があり、野菜や花に使用すべきではなかったり、人体への影響が懸念されたりするものもあります。特に、小さな子供やペットのいる家庭では正しく使用しないと危険です。庭師に除草剤の散布を頼んだ場合は、そういった家庭環境や庭の状態に合った除草剤の知識も持ち併せているので安心でしょう。きちんと状況を説明したうえで、安全に除草剤を使用できるようにアドバイスを受けるようにしてください。

TOPボタン
除草対策をしよう|体に悪影響を及ぼす前に【効果的な庭木の伐採・草取りの方法】